七草は春の和ハーブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大分市ハーブ教室&ハーブティーshop「with Herbs」髙山篤子です。

1月7日は七草粥を食べる日。と、子どもの頃から食卓に上っていたので、
嫁いでからも自然と作っていて、そして一人暮らしの娘も今日作ったようです。

七草

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ

「春の七草」といわれるもので お正月についつい食べ過ぎて負担がかかった胃腸を休ませてあげる目的が言われています。

このシンプルな七草は、胃腸の調子を整えたり、血液を綺麗にしたり、利尿作用、便秘など排泄の働きや、ビタミン類、カルシウム、カリウム、鉄分、食物繊維などの栄養素も補ってくれるスーパー植物です。

縁起もよいとされ、邪気を払うなども言われるようですが、何よりもこの日に
七草粥を食べることで家族が1年間健康でいられますように・・・・とシンプルに昔から言い伝えられているところを受け入れるだけですね。

瓜の粕漬けと優しい朝食でした。

七草粥
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINE@で情報をお届けしています

更新のお知らせはLINE@でお知らせしていますので、ぜひお友達登録をお願いします。

右記のQRコードを読み込んでいただくか、スマートフォンで閲覧の場合は、下記のボタンをタップしてお友達追加をお願いします。


LINE@お友だち追加はこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA